Flower Gallery Dun coeur.

From SOUSEIGAWA EAST.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

work



以前、お客様からのご依頼でウェルカムボードをお作りしました
ご本人さまの結婚パーティでお使いになりたいそうで
デザイン画を持ち込んで
こんな感じでとお話をいただきました



初めて見るタイプのものでてともオシャレです
いただいたデザイン画をもとに
材料を用意してカット枠組みから塗装
そしてセンターのデザインと…


半月位かかりましたが
喜んでいただけてよかったです

ちなみに
センターのカードにはお二人の名前が入りますが
その下に電球が付いてライトアップされるようになるそうです

スポンサーサイト

work


いつものお得意様のところへ
白いピンポンマム
菊の種類だけど使い方によっては
オシャレなデザインに…



こちらはクリーム色のピンポンマム
個性的な多肉植物と合わせて

work

いつもお花をご利用下さっている
東区にある茶廊
開店の時よりだから3年以上お付き合いをさせていただいている

ここはギャラリーとカフェがとてもうまく融合している空間で
独特の色と香りに満ちていて
オーナーの感性にいつも勉強させられる



これは、去年の秋にお届けしてカウンターに飾らせていただいた時に撮ったもの
ここのイメージを自分なりに考え季節感をわすれずに…
オーナーからはほとんどおまかせいただいている
だからこそ
プレッシャーもあるがやりがいのあるすばらしい仕事
そしてこのように喜んでいただけることに感謝したい
ありがとうございます



その時の開催されていた個展
お面と表現していいのかどうかは別にして
独特の雰囲気にひとつひとつの作品が創り出す表情
そしてメッセージ







お面には宗教的、儀式的な考え方が入っていると聞いたことがあるが

しばし見入っているとその答えがわかるのか?とでも
問いかけられそうで



ここではいつも
新しい発見を与えてくれる


ガラス絵

去年の12月に個展を開かれるお客様へ会場に飾るお花をお届けいたしました
札幌市在住のS様によるこの作品展は今回で二回目
初めての個展の時にダンクールのお花をご利用して頂き
場所を変えての今回もご注文をいただきました



この時期にあったイメージとあくまでもガラス絵と会場の雰囲気を損なわれないように…とデザイン
お届けに伺うととてもいい場所に置いて下さりました





この「ガラス絵」ですが伺った時にいただいた説明より抜粋させてもらいます

耳慣れない言葉ですが、「ガラス絵」とはガラスの裏面に通常とは逆順(左右、前後が逆)に絵を描き表面から眺める絵の事です
すなわち普通の絵の最後の一筆がガラス絵では最初の一筆になります
サインが必要なら最初に逆に書いておきます

ガラス絵は一般には画家の余技とみなされ、あまり世にでることはありませんが、高い芸術性を持った作品は少なくありません

中学校の図画依頼52年間まったく絵筆を持った事がありませんが、3年程前から興味本位に自己流で始めました
また「逆順思考は脳によい」そうで、前後・左右逆に絵を描き進めるのはかなり厄介ですが「…苦労はあるがガラス絵を作るのは楽しくて止められない」との言葉を実感しながら「脳の老化遅延」とも考え楽しんでおります



ガラス絵の制作説明を聞いてから作品を見るとその不思議な世界に引き込まれてゆきます

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。